口コミで評判の治験バイト募集サイトを比較ランキングでご紹介!【高額・稼げる人気案件の紹介も可能!】

治験アルバイトは安全?

    

治験のアルバイトと聞くと多くの方は大丈夫なのかということが一番気になるところです。

どんな薬を飲まされるのか、副作用で苦しまないかなど不安な気持ちになってしまう方も多くいらっしゃいます。

そこで治験のアルバイトに関して分かりやすくこれから解説していきます。

 

 

治験アルバイトの概要をまずは知ろう

こちらのアルバイトは有償ボランティアと呼ばれることもあります。

どのような目的で募集されるのかと言いますと、それは新薬の効き目や安全性の確認をするために実際にその薬を試してもらうために募集されます。

病院や調剤薬局などで使われている薬は、そのアルバイトのデータを経て厚生労働省の承認を得たものとなります。

薬として国から承認を得るためには、厚生労働省の指導のもとに実施している臨床試験が必要となります。

新しく開発された薬の有効性の確認や安全性を適性に評価する必要があるため、かなりの回数の臨床試験が実施されます。

臨床試験は、第1相から第3相まで試験段階があります。

各段階ごとの臨床試験のデータ結果をまとめて厚生労働省に提出して、厚生労働省からの承認が得られれば日本国内の病院や調剤薬局などで薬として使うことができます。

具体的にどのようなことをするのか

こちらのアルバイトは、通院するタイプと入院するタイプがあります。

前者は比較的拘束される時間が短くて済みますが、後者の場合には数日から長い期間だと1ヶ月程度施設に入院しなければいけないこともあります。

どちらのタイプであっても、仕事内容に変わりありません。

薬やサプリメントそして健康食品などを服用していって、その後の変化を調べていきます。

またほとんどの場合、採血が行わることになります。

採決の際に注射針を使用しますが、この注射針が苦手な方にはこちらのアルバイトは不向きです。

なお入院する場合には、他のアルバイトの方と集団で入院することが多いです。

ですから、アルバイト中は集団行動になります。

起床や消灯さらには食事時間などが事前に決められた時間に行われます。

決められた時間以外は比較的自由に過ごせるようです。

ではこのアルバイトの給料はどの程度貰えるのかですが、だいたいの相場は日給1万円から2万円くらいとなっています。

また入院タイプの方が通院タイプよりも拘束時間が長いことから、日給も高くなります。

これは豆知識として知っておきたいことではありますが、治験のアルバイトは正確には被験者扱いとなり給料ではなく報酬が支払われます。

報酬なので貰ったお金には税金がかかることはありません

報酬の支払いは、アルバイト終了する日に手渡しされるか後日銀行振込みで貰う場合とがあります。

安全性が確保されているので安心

治験の世の中のイメージは、薬を飲むだけで高額なお金貰えるのは何か裏があるのかとか副作用のリスクが高いからお金が沢山貰えるといったものが多いです。

確かに高額なお金が貰えるのはそれだけの高い代償を払うことになるのだからと考えることも分かりますが、こちらは安全性が確保されていますので安心して行うことができます。

治験を行うためには厚生労働省の許可がなければいけません

この許可を出すには安全面に関する高い水準をクリアできた薬のみとなりますので、それを服用するわけなので安心です。

まとめ

新薬を服用することに不安もあるかもしれませんが、厚生労働省の許可を得て行われるため安心できます。

世間のイメージを信じるのではなく、このアルバイトの本質を理解することが大事です。

その理解ができると、高額な報酬が得られるメリットがあることが分かってきます。

安全性は確保されていますので、高額な報酬を貰いたい方はぜひこのアルバイトに参加してみて下さい。

普通の単発のアルバイトをするよりも稼ぐことができます。