口コミで評判の治験バイト募集サイトを比較ランキングでご紹介!【高額・稼げる人気案件の紹介も可能!】

治験アルバイトの履歴書の書き方は?

    

治験アルバイトをするからには申し込みが必要です。

一般的なアルバイトと同じように履歴書を提出することがあります。

どんなふうに書けばいいのか、書き方に悩んでしまう人もいることでしょう。

どのように書けばいいのか検証していきましょう。

 

 

一般的な書き方と同じように丁寧に書く

治験アルバイトに申し込む場合、一般的なアルバイト同様、履歴書を提出することがほとんどです。

しかし、どのように書いたらいいのか分からない人もいることでしょう。

難しく考える必要はありません。

仕事内容が違っていても記載する内容は一般的な仕事への応募と同じです。

丁寧に詳しく書いていきましょう。

氏名や年齢などのパーソナルデータから始まり、職歴を書く欄もあるはずです。

学生の場合はこれまで体験したアルバイトについて記載しましょう。

また、特技や趣味といったことを記載する項目もあります。

これらもできるだけ詳しく書いていきましょう。

仕事内容によっては特技や趣味から適切な仕事を与えてもらえることもあるからです。

それに今回の仕事内容には適しておらず不採用になったとしても、次回の仕事内容には当てはまることがあります。

そんな時には声がかかるかもしれません。

記載する内容を事前に確認しておこう

また、事前に記載する内容を確認しておくのもおすすめです。

治験アルバイト先によっては書いてほしい項目を先方から提示してくることもあります。

募集内容をよく確認した上で提示されたことにはきちんと従って履歴書を書きましょう。

例えば、身長や体重、持病などを聞かれることもあります。

これらのデータが分からないと採用できないということもあるのです。

一般的なアルバイトなら、身長や体重は仕事に関係ないはずです。

そこが治験アルバイトならではとなります。

このようなプライベートデータを提出することに抵抗のある人は、最初から応募するのは回避した方がいいかもしれません。

応募要項に特に何を記載するか指定されていないようなら、一般的な仕事に応募する時のような形で書いていきましょう。

字は汚くても構いません。

誰でも読める程度であれば問題ないので、とにかく丁寧に一字一字書くことをおすすめします。

しかし最近はインターネットで申し込むこともよくあります。

この場合は文字を入力して送信するだけで楽です。

その代わり、文章がきちんとしていなかったり短文だったりすると先方に伝わりにくいこともあるので、きちんと入力しましょう。

健康状態と職歴は詳しく記載しよう

それから、この手の申し込みでよく聞かれることは健康状態です。

何らかの新薬を試すことがあるからです。

もしくは健康食品や化粧品などを試すこともあります。

持病があると副作用が生じてしまうかもしれないという懸念から、健康状態を聞かれることはよくあるのです。

特に持病があり、何らの薬を服用している人は副作用の問題が生じることもあります。

アレルギー体質の人などもそうです。

この点は履歴書にも記載した方が無難です。

他には職歴を問われることもあります。

今まで何度もこのようなアルバイトをしている人は慣れているという実績もあり、採用されやすくなることがあるのです。

ただし、どんなもののモニターになったのか、詳しく記載しましょう。

健康食品と化粧品のモニターでは全く内容が異なります。

それから、どれだけ時間が取れるのかといった点も採用に関係してくることがあります。

数日間にわたってモニタリングをすることもあるので、できるだけ時間が取りやすい時に応募しましょう。

まとめ

治験アルバイトの申し込みには履歴書を提出することがあります。

その書き方は他の求人に応募する時と同じです。

ただし、内容が内容なので健康状態やこれまでに体験した仕事などを詳しく記載しなくてはいけないこともあります。

これらの点は事前に確認しておきましょう。